ピックアップ
住宅ローンを借り換えただけで、月々の支払額が2万5,000円も減った!
スマホ通信費・保険料・住宅ローンの節約に効果アリ!老後破産しない為にやるべき事
ヘアカットが1,500円未満!定期的に1,000円オフで美容院を利用できるお得な方法
ドリンクは激安で購入してストックしよう
繰り返し買う日用消耗品こそ、低価格&品質納得の優秀品を選ぶ!

定期健診は費用をケチらず必ず受けよう。気づいた時は遅い歯周炎。

スポンサーリンク


私。
昨日、歯を一本抜いてきました。。。

原因は…。

そう、
日本では成人の8割が持っていると言われる歯周炎です。

右上の一番奥、7番と呼ばれる歯を抜いてきました。
※8番と呼ばれる親知らずは4本ともすでに抜歯済みで有りません。


ココ最近、腫れたり痛んだりを繰り返し「おっかしいなぁ~」と思って、
軽い気持ちで歯医者さんを訪れたところ、

「もう抜いたほうが良いですね」
「隣の歯を守るためにも」



もうね。
想定外でパニックです。



自分の親があまりそういったところに感心が無いほうだったので、
歯並びも悪く、
子供の頃は、虫歯→治療を繰り返し銀歯も複数有りますが、
大人になってからは「歯は大事!」と、
せっせと子供も一緒に検診にも通ってたんですよ。

1年ちょっと前まで…。



娘の受験や私の仕事環境の変化。
息子の習い事も増え、
忙しいのと、3人の予定が合わなくなってきたことで、
(車で通っていたのでなるべく3人同時に受診したい)
今度でいいや、とずるずる。

気がつけば1年以上が経過。



その間、歯磨きもしっかり出来ていなかった。
歯ブラシも、歯科のモノではなく安い市販品を使う事が多かったです。

今はお口の専門店の、
お手ごろの歯科販売品タフト24歯ブラシを使ってます。




そもそも定期健診時では、
「しっかり磨けてますね。」といわれていたので、
まさか歯を抜かないといけない事態にまでなっているなんて、
全く想像して無かったです。




若い頃に歯肉炎と言われ、
しばらくメンテナンスに通い、割と簡単に治った経験があります。


そのころのほうが、
今より遥かに歯のお手入れしてはおろそかにしていたのですが、
今回急激に悪化したのには、
やはり年齢によるところが大きいと思います。


それにしても歯周炎って怖いです。
まず自覚症状がほぼ無いです。

腫れたり痛んだり、「おかしい」と思う頃にはもう末期です。

自分がそんな事態に陥ってはじめて知りましたが、
「サイレント・ディシーズ(静かなる病)」と言われる病の一つだそうです。



実際に抜歯した自分の歯を見せてもらいました。

歯茎より上に出る部分は綺麗なのですが、
その下、歯茎に埋まる部分は、歯根に向かってびっしり歯石がついていました。
ホントに石みたいでした。

最初はためらいましたが、抜くことは正解だったと思えました。
奥歯のムズムズする痛痒い感じも無くなり、
むしろスッキリです。


30代で歯を1本失ってしまったことはとてもショックですが、
原因は自分の日頃の行いに有ります。

歯のお手入れもそうですが、
定期健診の大切さが痛いほど身にしみて分かりました。

今後は、
年に3回は歯の定期健診にいく事をサボらず、
一本でも自分の歯を多く残していけるように。

今後は気持ちを入れ替えて、
お手入れし、銀歯も白くしていきたいな。


一生、美味しくご飯を食べたいですからね^^




関連記事

スポンサーリンク






節約効果の大きい「固定支出」と「持ち物」を、費用の負担ゼロで見直そう(*^^*)!

月1~2万円の節約も。保険は次々新商品が出るので、毎年欠かさず見直しすることが大事。

意外と知らない保険の落とし穴が! 保険なら【保険のビュッフェ】


我が家は住宅ローン借換で、月2万円以上も支払いが減りました。チャンスは低金利の今しかない!

住宅ローンの見直しで約700万円の節約事例も


ガス会社を切り替えることで、年間5万円以上節約出来る場合も!

一番安いガス会社に切り替えできる!